6~15歳の子供が軽くて楽しい児童競走500mを楽しむことが出来ます。それは子供の頬が赤くなって一日中絶好の気持ちが続くように十分。勉強家でもいたずらっ子でも30分を時間の限度とした短距離競走でかならず喜びます。